次回の勉強会ネタの検討

Pocket

118

久々に資格でも取ろうかと思っています。
取ろうと思っているのは、「MCSA: SQL Server」です。
まずは、SQLやTransact-SQLが出題される「70-461」から受験しようかと思っています。
という事で、データベース友の会でも、何度かお世話になっている、SQL Server自習書シリーズの「Transact-SQL 入門」と「開発者のための Transact-SQL 応用」を、SQL Server Management Studioで実行しながら、ゴールデンウィーク中に読んでいます。

「Transact-SQL 入門」と「開発者のための Transact-SQL 応用」の読み合わせとか、次回の勉強会ネタとして良いかなと思いつつも、こんな内容では、人が集まらないかなとも思ったり。
というのも、先月、3年以上ぶりに、同じくSQL Server自習書シリーズの「SQL 基礎の基礎」の読み合わせをテーマで勉強会を開催したが、集客は大苦戦。
TwitterやFacebookで告知しても、ほとんど反応無し。
締め切り直前に、何とか一人の申し込みがあり、開催成立。(申し込んでくれて、ありがとうございました!)
先月の勉強会ですが、僕は、集客は割りと楽観的に考えていました。
3~4年前に同じ内容で「SQL 基礎の基礎」の読み合わせで開催した時は割りと簡単に集まったので。

「数年前と勉強会事情は変わっている。」と内輪で話した事があったのですが、正にそうなのだと実感した。
もっと魅力ある内容で開催しなければ意味が無いのかもと思いつつ、あんまり、考え過ぎると、そもそも、開催自体が出来ないしな~などと、色々と勉強会については、考えています。

1 Comment

Leave a Reply