SQL Serverについて学ぶには

Pocket

SQL Serverのイメージ / PAKUTASO
SQL Serverのイメージ / PAKUTASO

山登りとか懇親会のネタが続いたので、データベースの自己学習ネタを一つ書いてみます。
第一弾はSQL Serverです。

SQL Server 2014 | マイクロソフト クラウド プラットフォーム

SQL Server 2014 を使用すると、OLTP 経由での高パフォーマンスのインメモリ テクノロジを使用するミッション クリティカル アプリケーションおよびビッグ データ ソリューション、データ ウェアハウジング、ビジネス インテリジェンス、および分析ワークロードを構築できます。高額なオプションや高額なアプライアンスを購入する必要はありません。

カタカナ多いな〜。(汗)
お高くない、というのはアピールポイントの一つのようです。
どこ社さんを意識しているかは、読み手にお任せします的な。

無償のドキュメント

SQL Serverには、昔から有名な無償のドキュメント「自習書シリーズ」があります。

Cloud Platform 関連コンテンツ | マイクロソフト クラウド プラットフォーム

以前はもっと見やすいページだったんですけどね。
今は、ドキュメント管理ページみたいなところにまとめて突っ込まれています。
どれから読んでいいのかパッと見て分からない…。
ユーザビリティ下げてますよ、MSさん!

SQL Serverを初めて触るなら、「ささっと試せる SQL Server 超入門」から入るといいでしょう。
あとは、自分が使いそうな機能を選びながら読んでいけば良いでしょう。
新機能を確認して、現場で提案してみるのもアリだと思います。

検証環境

資料だけ読んでいてもイメージできないので、検証環境を作ってしまいましょう。
手持ちのパソコンに、VMware Workstation Playerをインストールし、
Windows Server評価版、SQL Server評価版を順にインストールすればOKです。
リンクや評価期間は以下をご覧ください。

No. ソフトウェア 評価期間
1 VMware Workstation Player 制限なし
2 Windows Server 2012 R2 評価版ソフトウェア 180日
3 SQL Server 2014 SP1 評価版ソフトウェア 180日

180日、つまり半年あれば、まあだいたい確認したいことはできるでしょう。
VMwareは癖がなくて個人的に好きなので、また少し触れたいと思います。

結び

自習書シリーズは無償かつ充実しているので、取っ掛かりを掴むには良いですね。
勉強会でもときどき使っています。

まずはこんなところで。

About Quatrex 30 Articles

晴れときどきデータベース

Be the first to comment

Leave a Reply